恋愛・婚活

幸せになりたいなら自己肯定感を上げてダメ男ループから脱出しよう

ごきげんよう!

ダメ男ホイホイな20代を送りましたアラサー派遣OLきなこ(@kina0ko0です。
こんにちわ。

今回は、ダメ男に引っかかるのは、マイナス思考いっぱいな自分のせいだったという記事です。

ちょっと前から流行っている「自己肯定感」というやつですね。

ダメ男をついつい放っておけない(構っちゃう)とか、可愛いとか思って付き合ってしまう姉御な気質の女性とは少し違い、

  • この人にフラれたら終わり
  • この人くらいしか自分を好きになってくれる人なんていない

と感じてしまう「自己肯定感」どん底の私が立ち直るまでの記事です。

復縁には避けて通れないところだと思ったので、専門的ではないですが、体験談として記事にしてみました。

▼早く読んでおきたかった一冊はコレ

ダメ男とズルズル付き合う自己肯定感の低すぎる20代を送っていた私の場合(振り返り)

楽しい都会での専門学校生活!

しかし夢だと思っていた「イラスト関係」の仕事につくということに、興味を失い、そもそも熱量がないことを思い知らされ、向いていなかったことを自覚しとりあえず卒業した20前半。

契約社員として販売をしながら、同時に学生時代にネットで初めてできた彼氏との同棲を開始した頃でもあったのですが、この頃から「付き合うって諦めること」と信じて、だらだら学歴もなく謎のこだわりと微妙な音楽センスでバンドをしている飲食店店員彼氏と付き合ってました。

きなこ
きなこ
そもそもネットで知り合って付き合うってダークよね…。オタク寄りだから趣味で意気投合とは言え、結局、趣味も全然ジャンル違いだったから苦痛でしかない

しかも5歳ほど年上だった当時の彼氏は、どうやらオネエ寄りの感性の持ち主だったので、やたら保湿にこだわったり、私の見た目にもありがたいアドバイスをくれたり、わざわざ美容部員を見に伊勢丹に行ったりとか謎の趣味をもってまして、ストレスのあまり50万の美顔器を買ってしまった私は、それがバレてなぜか責められるという色々と不安定なメンタルになってしまいました。
(見た目に関して追い詰められて買っちゃったのはお前のせいじゃ!)

しかし3年付き合ったのは、異様に低い自己肯定感があったからだと思います。

そもそも私は、人から見た目を褒められたことがありませんでした…。

自己肯定感ってなんのこと?

数々の書籍が出ていますが、完結に書いてあったので、はてなキーワードから抜粋です

「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態。
自分を肯定している感覚、感情などを指す。

はてなキーワードより

自己肯定感が高ければ、自分を好き・ポジティブな考え方ができるので、いちいち人の言動に左右されることもないそうです。

恋愛においては、この部分が低いと、自信がなく、不安になりやすくなり、相手に従ってしまいやすくなります。

きなこ
きなこ
昔の私、悲しいかな…。自信を持てるものが無いから、自分が「我慢・諦め」を持っていればやり過ごせると思ってました




 

可愛い・綺麗からかけ離れた中学生・高校生生活(さらに振り返り)

とりあえず小学校高学年頃から背丈は160センチあり、大きかった私。
また、仲良くなる子はなぜか全員転校してしまい、長い付き合いの友達と呼べる子はいませんでした。

また、どちらかといえば真面目でおとなしい性格。
(今思えば、常に中立・公平公正な見方しかできないので、穏やかだったんだと思われます。)

ひとりの時間が長いものですから、勉強にも困ったことはありませんでした。

けれどノリのいい性格でもなかった私は、だんだん人と接しなくて良い読書やゲーム、漫画が趣味となり、のちにオタク世界への友人の輪に足を踏み入れることとなりました。

きなこ
きなこ
最盛期はテニプリですかね!あとはFFシリーズとかサモンナイトとか好きだったなぁ…(遠い目)

そしてそんな内向的な私は、スカートを短くするとか、可愛い髪型にするといったおしゃれも正直似合わなさそうで全くしなかったのです。

現に当時は背が高く、肌もニキビで荒れていてメガネをかけていて、地味のひとこと。

高校に上がった頃には、オタク仲間が増えましたが、より一層オタクな自分たちに「おしゃれは似合わない」、おしゃれするなら、痩せて美肌になってから!という謎の信念のもと生活していました(笑)


都会で開花(?)した美容・オシャレへの欲求と伴わない自己評価!

美術系の成績は良かったので、服選びがおかしかったとは思いませんでしたが、当時は自分の年齢でどんな格好をするのがおしゃれかがわかっていませんでした。
(とにかく可愛い女子!という格好は、自分はしてはいけない=どうせ似合わないんだから陰口言われる格好はしたくない、という気持ち)

加えて専門学校は多くの学科の中からオタク率100%な「アニメーション科」にはいりましたから、定番のチェックシャツとデニムの男の子たちに、微妙なV系またはロリ系ファッション女子にまぎれ、普通っぽい地味目な服装は数人程度。

容姿を磨くことは、毎日が試行錯誤でしたが、やっぱり最新の流行や服が安く手に入る物価の違いでめきめき美容・ファッションへの興味は湧いていきます。

たった1回の何気ない「可愛い」が、執着する理由になる

そんな時に、趣味のサイトで知り合った当時の彼氏と付き合い初めた理由は、生まれて初めて「可愛い」と褒められたから。

優しく女子扱いもされ、初めてのことに「もう私にはこの人くらいしか優しくしてもらえない」と感じてしまったのでしょうね(思い出せないけど)。

これぞ、自己肯定感の低さがなせる技!

その後、付き合いが長くなるにつれ、この彼氏からは「痩せた方がいい」とか、「あそこのデパコス売り場の店員は美人」だとか、「あの雑誌のモデルはうちの店に来た」とか、色々と人の劣等感をつつかれてくるのですが、それでも「仕方ない。だって私は可愛くも綺麗でもないんだもの…」と諦めの境地で付き合っていました。

きなこ
きなこ
いや、別れろよ!当時の私!むしろそのそのストレスがなければ、痩せたし肌も綺麗になったんだよ〜!!!

自己肯定感は、他人になんて言われようとも動じない自信のこと。

ナルシストになれとは言いませんが、人の美醜なんて好みが100%反映されているので、自分を大切にしてくれない人に「付き合ってもらっている」とか、「自分が我慢すれば…」と考えている時点で、危険な思考になっています。

そんな人とは距離を置いて、自分の素晴らしさを探しに行きましょう!

  • 好きなことに全力投球する!
  • 友達と遊ぶ!
  • イメチェンして自分のために自分を磨く!




悲報)地元に戻るもダメ男ループから逃れられず。低すぎる自己肯定感がダメ男を引き寄せている!?

祖母の病気もあって例の彼氏とは同棲を解消し、地元静岡に戻ったのですが、なんとリーマンショックに遭遇し事務職の求人は全滅。

とりあえず時給の高い携帯販売員として働きだしました。

しかしダメ男ループからは抜け出せず!

次のダメ男はバツイチ甘えた男。

職場の方の知り合いで、歳も近かったので仲良くなって付き合い出したものの、この方、やたら友人知人家族とのイベントに私を連れ回すわ、体を求めるわで、心身ともに疲れるようになってしまったのです。

とどめは「非正規社員」であることへのダメ出し。

正直あなたに関係ないでしょ!と言い返して別れれば良いところなのですが、当時は勤務地が遠かったため携帯販売員からとある保険会社へ転職。

職場も近くなりましたが、恐ろしいまでの激務とお客さんへの心労で、私のメンタルはよくわからない状態になっていました。

きなこ
きなこ
うん…。だから当時の私よ、告白されたからって安易に付き合っちゃダメなんだよ…。自分の好きなタイプは曲げなくていいんだよ…

自分の好みや理想は後回し?だから自己肯定感は上がらない

そもそも私の好みはと言うと、

  • 細身で自分より背が高い
  • 知的
  • 私よりなんでもできる(1人暮らし体験者)
  • ダサくない

といった感じなのですが、この人は真逆です。

別に好きなところはありません。

でも、好かれて(私をベタ褒め)してくれたし、ご家族も良い人達だったので、また私の「我慢・諦めればなんとかなる」スキルが発動してしまい、メンタル泥沼化を引き起こしていたのです!!!

きなこ
きなこ
私のバカー!!!もう死んだメンタルだから正常な判断ができないんだよ…。今の私がタイムスリップできるなら保護して説得したい…!!!!

しかもしかも!

相手方ご家族と、なぜかお墓参りもしていたので、この人とは結婚が近いだろうと考えていましたから、なんとかして彼の要望を叶えたいと思っていたのでしょう。

もう義務みたいになってます。
ありえない…!

しかしあまりにも私のことを思い遣ってくれない態度に、過労と合わせてストレスのピークを迎えた私保険会社を退職することとなりました。

しかも弱音を吐く私を辛いといい、彼とも別れることに。

普通に最悪でした。

のちに彼からは、メアドや着信拒否をしても、何年もメッセが届き、最近では駅で遭遇してしまうという気持ち悪い場面もありました。本当に最悪です。

「我慢」といったストレスは正常な判断を妨げ、自己肯定感の低下を促進します!

「この人を逃したら結婚できない」なんてことはありませんし、そもそも「結婚」できなくても死にませんので、自分の気持ちは大事にしましょう。

1年休んでから再び派遣で働き出すも、ダメ男4人にひっかかるので自己肯定感は休息だけでは回復できない

ストーカーチックな元カレからの復縁を匂わすメールを無視して、その後3人ほどお付き合いするのですが、みな当然のことながら長続きしませんでした。

  • 同い年の男子と良い関係となり、心機一転名古屋に向かうも早々に破局。
    (箇条書きで直して欲しいところをメールしてくるナルシストくん)
  • 派遣として再び働き出し、新たな男子とデートを重ねて良い関係となるも、好きな人が出来たと振られる。(ヤンキー系?勘違いドエスくん)
  • ひとつ年上の工場勤務のゲーム仲間から恋人関係になるも、体調不良で疎遠に。フェイスブックではギャルい彼女とランドに行った写メがアップされており、フラれた模様。
    (私より女顔な小柄ジャニーズくん)
  • こうなりゃ年上!とBARの店主と良い関係となるも、やはり破局。
    (催促メールにはなぜか自分の顔写メを送ってきたナルシスト店長)

 

完全に男性を見る目が節穴です(笑)。

 

逆によくこんな人たちと出会えたなと不思議ですね…

 

「自己肯定感が低すぎる」=「一般的に難のなる人間を甘やかす・受け入れてあげる(自分が嫌われたくないから)」ということではないかと思います。

安易な出会いに「もしかしたら…!」という夢物語は存在しません。

自分に自信がつけば、むしろ自分が選んであげる!という強気な気持ちが、「当たり前じゃない?」という普通の感覚になるので、奉仕精神が強すぎる人は注意してみてください。

自己肯定感上昇の兆し?身近なところからの出会いに目を向けたら憧れの人が彼氏になった

ダメ男4人をこなしたところで、派遣先企業の社員さんとの仲良くなる機会がありました。

失恋続きの相談から仲良くなるなんて定番ではありますが、毎日の仕事ぶりを見ているので、ある程度の信頼感と好感度の高さから、お付き合いするまでに至れたようです。

きなこ
きなこ
しかも配属された部署とは当初ちがう部署だったから、ひと目見ただけだったけど、すっごくタイプで気になってた人でした♥
彼
え?そうなの?

また、社員の彼は「素敵です」と褒めてくれる人で、この頃には彼をはじめ、多く方の「褒め言葉」を素直に受け取れていることに気がつきました。

失恋を繰り返しすぎて「ひねくれ度」が増すかと思いきや、ストレスのない職場で繰り返し褒められ慣れてきたことで、「そうでしょ?私がフラれるなんて信じられませんよねぇ?」などと軽口を返せるようになっていたのです。

どうして自己肯定感が回復(上がった)のか?働いていた時を振り返る

あんなにダメ男ホイホイで、自分の容姿にも自信が持てなかったのに私は何をしていたのか?

職場を新しくて4年ほどの期間に行ったことを書き出してみました。

こんなことをしていました!
  • 美容室を変えた
  • 服のテイストを変えた
  • ダイエットをした
  • 脱毛サロンに行った
  • メイクを見直した
  • 趣味に散財した(飲み食い、カラオケなど)

美容室は、わかりやすいイメチェン目的。

服はダメ男を思い出したくないので、全部入れ替え。

ダイエットは年齢的に、食欲不振や胃もたれが感じられたので頑張りました。

脱毛サロンは、自分のためにパッとお金を使いたいなと思い通いだし、サロンは美容に気を使っている人ばかりだったので、自然とメイクもしっかりするようになりました。

そして職場の方々と仲良くなり、金曜夜には飲みに行く機会も増え、新店舗開拓、飲んで遊び回ることでストレス発散しました。

そんなことを繰り返していくと、仕事ぶりや容姿を褒めてくれる人、細かな私の何気ない気遣いに気がついて声をかけてくれる人たちとコミュニケーションが増え、自然と「自分にもできることがある・役に立っている」という気持ちや、「自分の容姿を褒めてくれる、タイプの人は実在する」ということが自然と受け入れられるようになっていました。

人との関わりで低下した自己肯定感は、人との関わりで回復できる。
(ただし、恋人以外で)

まとめ)あなたの自己肯定感の低さはどこから?辛い人間関係から抜け出して、自分の良さを認めよう

自分で自分の価値が低いと思い込んでいると、そこに漬け込んでくるやっかいなダメ男にばかり引っかかってしまいます(経験談)!

あなたなんかお断りよ!と思える人になるには、やっぱり自分を安売りしない…自分に価値がある(可愛い、綺麗、仕事ができる、気が利く、なんでもOK)と当たり前に思えるようになることが必要です。

毎日毎日、「あぁ、私って今日も素敵♥」と思えたらいいでしょうけど、なかなかそこまで突き抜けた心理までは上がらないので、「あ、今日のリップ似合ってる♥いいかも♥」とか、「今日は仕事頑張ったな〜!さすが私!」と、自分を少しずつ認めて褒めてみましょう。

きなこ
きなこ
自分で自分を褒めるって恥ずかしいなんて思わなくていいんです。だって口に出さなきゃ誰にもバレませんしね(笑)!自分を可愛がる気持ちでやってみてください。

以上がおそらく私の自己肯定感が高まった(回復した?)原因なんだと思います。

もしあなたが、同じように自分に自信がなく、ダメ男に引っかかるのも無理をしているからだとしたら、すぐにやめて自分を可愛がってあげてください!

幸せな気持ちは人からもらうのではなく、自分が感じるもの。

あなたにとっての無理なく感じられる幸せを見つけて、自己肯定感を上げていきましょう。

以上、ダメ男ループから脱出したアラサーきなこ(@kina0ko0)がお送りいたしました。